キャリアにかける想いを貫き、人生を振り返った時に
「『社会問題の解決』に貢献してきた」と
自信を持って言えるようになりたい
河村 祐志(東京事務所)

Yushi  Kawamura

―グラビスに入社するまでの経緯を教えてください。

河村:ユーザ系SIerにおいて、IP電話網のシステムエンジニアとしてキャリアをスタートしました。要件定義、設計開発から保守運用まで全体管理を実施してきました。

―なぜ、転職しようと思われたのですか?

河村:前職で官公庁向け営業担当を体験した中でコンサルタントの業務内容に触れるうちに、エンジニアよりもコンサルタントのほうが私に向いている業務と感じるようになったことがきっかけです。コンサルタントの業務内容は、私の得意分野を活かすことができること、やりたいことに通じると思い、コンサルティングファーム各社の情報を調べ始めました。
私は学生時代から「人の生活をより便利で豊かにし、快適な社会を創るICT関連の業務に携わりたい」「特により多くの人により大きい影響力を与えられるシステムの実現に携わりたい」の2点をキャリアにかける想いとして掲げており、前職でも公共性の高いシステム構築案件に参画してきました。この想いは大事に持ち続けながら、転職活動を進めていきました。

―大手も含めて数多くあるコンサルファームの中で、グラビスを選んだ理由は何だったんですか?

河村:中央省庁、独立行政法人、地方公共団体等公的サービスを提供する社会インフラに対して、戦略からその実現まで支える事業フィールドがあるグラビスで、より広範な知識・スキルを習得し、経験を積み、自身の想いを実現し、ひいては社会の成長発展に尽くしたいと考え、グラビスへの入社を決めました。